「 合葬墓 」一覧

メモリアルパーク大磯に永代供養墓「ついのしるべ」が完成!

ついのしるべ大磯

樹林合祀墓・庭園墓 ついのしるべ大磯 販売開始!

神奈川県中郡大磯町の欧風公園墓地「メモリアルパーク大磯」で永代供養墓「ついのしるべ」が完成!販売を開始しました。

ついのしるべはソテツが植えられた南国庭園風の合葬式永代供養墓で、樹林タイプの合祀プランと、納骨壇に骨壺の状態で個別安置する庭園墓プランの2つを用意。

ついのしるべ大磯 費用

  • 樹林合祀墓:1霊 10万円
  • 庭園墓:1霊 30万円

上記費用には永代供養料・納骨料・管理料のすべてが含まれており、契約後は費用が一切掛からない仕組みになっています。

永代供養墓 ついのしるべ大磯の詳細・資料請求はこちら


横浜市営墓地 平成29年度使用者公募を開始!

横浜市営霊園 平成29年度募集は久保山墓地と新納骨堂

平成29年度横浜市営霊園の墓地使用者公募9月1日(金)より始まりました。
今年の募集は「久保山墓地」と、日野公園墓地に新しく誕生した「日野こもれび納骨堂」の使用者募集となりました。

日野こもれび納骨堂は、現在都心部を中心に数が増えている「都市型納骨堂」などと呼ばれる屋内納骨施設で、中でも最新の自動搬送システムを導入した話題の施設です。

申し込み期間は平成29年9月1日(金)~9月29日(金)迄。

久保山墓地

  • 一般墓地(遺骨保持)
  • 募集数:1.4㎡~1.9㎡ 全300区画
  • 使用料:203,000円~275,500円・管理費 5,000/年

日野こもれび納骨堂

自動搬送式納骨施設

  • 遺骨保持区分:780基募集
  • 生前・改葬:520基募集
  • 使用料:75,200円/30年・管理費 9,720円/年

合葬式納骨施設

  • 遺骨保持 1体:270枠募集
  • 遺骨保持 2体:270枠(540体)募集
  • 生前・改葬 1体:180枠募集
  • 生前・改葬 2体:180枠(360体)募集
  • 費用(60年分):73,440円/1体・管理費 45,360円/1体

詳細 > 横浜市ホームページ:横浜市墓地・霊堂のご案内

お申込み手続きにご不安のある方は、↓こちらのお申込み無料サポートをご利用いただくこともできます。


公営 稲城・府中メモリアルパークで平成29年度の使用者を募集開始!

稲城府中メモリアルパーク

平成29年度 公営 稲城・府中メモリアルパークの募集内容が発表になりました。

稲城市・府中市 合同市営墓地「稲城・府中メモリアルパーク」の第三回目となる平成29年度使用者の募集が始まりました。

昨年は各墓所で生前申込枠に応募が集まり、同時に遺骨保持枠が募集数を応募数が下回ったため、余った区画が改葬や生前枠に振り分けられるという結果になりました。
このため、本年度も同様の状況となると、遺骨をお持ちの方は当選確率が高くなりそうです。

今年の募集内容は以下の通りです。

  • 普通墓地(1.44㎡): 71箇所募集(遺骨 56、改葬 8、生前 7)・使用料 130万円・年間管理費 9,720円
  • 芝生墓地(小型墓石付):602箇所募集(遺骨 481、改葬 60、生前 61)・使用料 125万円・年間管理費 15,120円
  • 合葬墓地336枠募集(遺骨1体用 135、遺骨2体用 55、遺骨1体+生前1体用 45、生前1体用 65、生前2体用 36体)・使用料 17.82万円/1体(管理費込)
  • 樹林墓地81枠募集(遺骨1体用 25、遺骨2体用 16、遺骨1体+生前1体用 13、生前1体用 16、生前2体用 11)・使用料 21.4万円/1体(管理費込)

詳細・資料請求はこちら→ 稲城・府中メモリアルパーク公募情報と申込無料サポート


稲城・府中メモリアルパーク 平成28年度使用者公募の応募状況を発表

公営 稲城・府中メモリアルパーク

稲城・府中メモリアルパークの応募倍率が発表!一部区分で当選が確定!

7月20日(水)に平成28年度墓地使用者公募の応募状況が発表されました。
平成28年度は全体で1,014枠の募集に1,681件の応募があり、倍率は1.6倍となりましたが、各区分で生前枠に申し込みが集まり、遺骨所持枠での申し込みが少なく、募集数に応募数が満たなかった為、余った募集枠を他の区分に振り分けての調整が行われました。

結果として、芝生墓地「ア組(遺骨所持)」・「イ組(改葬)」、普通墓地の「エ組(遺骨所持)」、合葬式墓地「キ組(遺骨所持1体)」・「ク組(遺骨所持2体)」・「ケ組(遺骨所持1体+生前1体)」・「コ組(生前1体)」、樹林式墓地「シ組(遺骨所持1体)」・「ス組(遺骨所持2体)」・「セ組(遺骨所持1体+生前1体)」は全員当選となりました。

残りの枠は8月10日(水)に実施される公開抽選で決定されます。

詳しくは公営 稲城・府中メモリアルパーク最新情報ページ、または稲城・府中墓苑組合のサイトでご確認ください。


稲城・府中メモリアルパーク 平成28年度募集を開始!

府中稲城メモリアルパーク

平成28年度 公営 稲城・府中メモリアルパークの募集内容が発表になりました。

2015年に新規開園した稲城市・府中市合同市営霊園「稲城・府中メモリアルパーク」の第二回目となる平成28年度募集内容が発表になりました。
今年は前年の応募倍率を考慮して募集数が2倍になっています!

稲城・府中メモリアルパークは、現在のところすべての墓所で遺骨をお持ちの方以外に、「改葬希望の方」や「生前申し込み」の方の募集も行われています。
募集内容は以下の通りです。

  • 普通墓地(1.44㎡): 70箇所募集(遺骨 56、改葬 7、生前 7)・使用料 130万円・年間管理費 9,720円
  • 芝生墓地(小型墓石付):607箇所募集(遺骨 484、改葬 61、生前 62)・使用料 125万円・年間管理費 15,120円
  • 合葬墓地267枠募集(遺骨1体用 79、遺骨2体用 55、遺骨1体+生前1体用 45、生前1体用 52、生前2体用 36体)・使用料 17.82万円/1体(管理費込)
  • 樹林墓地80枠募集(遺骨1体用 24、遺骨2体用 16、遺骨1体+生前1体用 13、生前1体用 16、生前2体用 11体)・使用料 21.4万円/1体(管理費込)

詳細・資料請求はこちら→ 稲城・府中メモリアルパーク公募情報と申込無料サポート


平成28年度 都立霊園使用者公募が始まります。

青山霊園

東京都立霊園 今年も7月に募集開始!

東京都が管轄する都立霊園の墓地使用者募集が間もなく始まります。
例年通りの実施となると、7月1日(金)より15日(金)の2週間となると思われ、
5月の下旬に募集概要発表。6月下旬にしおりの配布開始が開始され詳細な区分ごとの募集内容が発表される見込みです。

都立霊園をご検討の際の注意

都立霊園は歴史もあり、その規模・便利な立地などから例年大変な人気を博し、高い抽選倍率になっていますが、その反面、最大の難関である抽選を突破し見事当選された方でも、のちの審査で失格になったり、希望条件に見合わず辞退する方が多いのも現実です。
応募の際は、事前に下調べを行い、大切なお墓選びに失敗しないようにしてください。

応募資格に関する注意

都立霊園の申し込み資格は、一部の例外を除き「東京都民であること」が大前提です。
例外としては、千葉県松戸市に立地する「八柱霊園」があります。こちらでは立地の関係で、松戸市民にも使用権が与えられていますが、その他の霊園では、申し込み者が東京都内に住民登録をして一般墓地で5年(永代墓は3年)以上継続して居住している人に限られています。
これは公営霊園は自治体の税金で運営されているため、使用者が管轄自治体の納税者に限られているのです。

このため、東京都にお住まいでない方は、利用することができません。ただし、東京都に住んでいる親族の方がいる場合は、その方を祭祀の主催者(葬儀の喪主・法事の施主を勤めるか、死亡届等を提出などに関わり、今後当該遺骨を守ってゆく立場の方)とすれば、申し込み可能になるケースもあります。

遺骨の有無

都立霊園の多くは、「一度も埋蔵していないお骨をお持ちの方」という条件があります。
これは昨今のお墓不足を考慮して、公営霊園では「お墓のない人」を優先するという考えからです。

しかし首都圏では、故郷を離れて生活している方も多いため「遠くにあるお墓を近くに引っ越しさせたい」という事情も増えています。
このため、都心部の青山霊園、谷中霊園、八柱霊園の一般墓所・立体墓所では、他所の埋蔵施設から遺骨を移動する「改葬」での申し込みが可能です。但し、遺骨の一部のみを移動する「分骨」は対象外となります。

その他の霊園では、合葬・樹木・樹林・納骨堂など永代墓を除いて、改葬でのお申し込みは受け付けていません。

その他の条件
  • 前述の各条件を証明する書類(住民票・各種証明書等)を提出できること。
  • 申し込みの時点で、すでに都立霊園の使用者となっていないこと。
  • 1遺骨、1申し込みに限る。(複数の霊園や区分への応募や、同一遺骨について複数親族による多重申し込みなどを行った場合はすべて無効)

上記以外にも、申込み区分ごとに細かいルールがあり、条件に沿わない方でも応募する事はできてしまいますが、最終的に審査を通ることはありません。
また、抽選に当選しても、その後に行われる詳細な審査で、書類の不備や条件違反で取り消され、毎年多くの失格者と、代わりの繰り上げ当選者が出ています。

そのため、お申し込みの際は、ご自身に応募資格があるかを確認する必要があります。

詳しくは、都立霊園公式サイトでご確認ください。

予算に関する注意

都立霊園を含む公営霊園を選択する理由として「安いから」とお考えの方がいらっしゃいます。しかしこの点は、条件次第で変わってくる部分なので、応募前にきちんと検討しておかなければ、運よく当選しても辞退せざるを得なくなります。

墓石を建てる一般墓所や芝生墓所の場合、お墓の費用は「土地代」と工事費を含む「墓石代」が必要になります。
「土地代」については、不動産のそれと同じで、都心一等地や便利な場所ほど高くなり、最高値の青山霊園では1㎡あたり2,714,000円。(※平成27年度募集時)

一方「墓石代」は、通常お墓本体にあたる「さお石」以外にも、墓所敷地の枠を含めた外柵にも石を使用するため、面積に応じて石の量が増えるため、区画面積が広いほど墓石に関する費用も増えます。

都立霊園では区画面積も昨今のニーズに比べて少し大きめで、小さいものでも2㎡弱といったところ。最小サイズとなる青山霊園の約1.5㎡の墓所が運よく当選した場合、一般的に総額で500万円程度の費用が掛かり、土地代の安い郊外の最小の区画でも、150万円程度の予算は必要になります。

加えて募集は、おおよその広さ別に分けられた「組」ごとに申し込み受付~抽選が行われるため、コストが掛からない小型の墓所には応募者が殺到しています。

現在は核家族化などにより、小型のお墓が好まれるようになってきたため、民間の霊園などでは、1㎡未満の小さなお墓も人気があり、また様々なタイプの墓所の登場により都営霊園と同様の墓碑のサイズでも、総額100万円前後で購入できるお墓も増えてきましたので、「公営墓地=安い」という方程式は、必ずしも正しいとは言えなくなっています。

もう一つ気にになるのが年間の管理費です。公営墓地の管理費は、民間霊園に比べて格段に安いのは間違いありません。ただし、公営霊園の多くは単なる墓地で、設備や施設はなく、園内の管理は季節の変わり目の植栽の手入れや、維持・保全といった程度で、基本的に各お墓は自分で管理しなければなりません。

これに対して、民間霊園では、植栽や雑草の手入れやに限らず、園内の清掃やバリアフリーの施設をはじめ、環境や安全性も含めた維持管理が行われているため、これらに見合った適正な費用ともいえます。このあたりは利用者のニーズと価値観によって変わってくるところです。

民間石材店の申し込みサポートについて

都立霊園の募集要項が発表されるのは、公募実施の1か月前の6月頃になってしまいます。
1か月というとそれなりの期間があるように思えますが、前述のように応募に際して検討する点がたくさんありますので、初めての方にはかなり難解で不安を伴う作業となるため、とても十分な準備期間とは言えません。

そこで、民間の石材店が実施している「サポートサービス」を利用するのも一つの手段です。
この季節になると、インターネットなどでも「都立霊園お申し込みサポート」という触れ込みを、見かける機会が多いと思います。

本来、都立霊園の使用者公募への応募は、申し込み者本人が東京都が配布する申込書を入手して記入し、東京都公園協会霊園課に提出を行うことになっていますが、前述のとおり応募資格や申し込み書類の作成や申し込み手順は、不慣れな人や、お年寄り、また忙しい方にはとても手間のかかる作業となります。

そこで民間の石材店が行っている、お申し込みのサポートや、代行を行ってくれるサービスを利用することで、スムースに申し込むことが可能になります。

こういった「申し込みサポートサービス」では多くの場合、一年中資料配布をしています。この資料の中には、前年度の「申し込みのしおり」の写しなど、過去の資料を含むものがあり、これが初めてのご検討の際にはとても役に立ちます。

都立霊園の公募内容が発表されるのは、約1か月前ですので、それまでは区分ごとの募集数や価格ははっきりしませんが、申し込み条件や、区分、募集になる区画や応募倍率などは、例年大きな変化はありません。
過去の資料を入手すれば、募集の傾向が見て取れるので、これを参考に計画的に公募に望めますし、途中で疑問や心配事があれば、専門家に気軽に相談することもできます。

そして、このようなサービスのほとんどは、石材店がサービスの一環として、無料で行っているケースが多く、それ自体には費用が掛からないものがほとんどです。

民間の石材店が、なぜこのような無料サービスを行っているのか?

それは、ズバリ!墓石の工事を請け負いたいからです。
都立霊園の一般埋蔵施設や、芝生墓所などでは、東京都は土地を貸すだけで、墓石はご自身で石材店に依頼して建立することになります。
その墓石販売の集客のために無料サービスを行っています。したがってこのサービスは墓石を建てるタイプの墓所のみが対象になっているケースが多くみられます。

石材店にもよりますが、おおむね「霊園の申し込みの質問・相談」、「申し込みの委任代行」、「当選結果の確認と報告」、「当選区画の下見」、「墓石の見積もり」といった所まで無料で面倒を見てくれるでしょう。

ほとんどの場合、資料を請求したりサポートを受けたからと言って、墓石の購入を強制するような事はありません。
これらは石材店の営業活動の一環であり、この時点では何らかの契約を交わす訳ではありませんので、サービスや対応、見積もり内容が要望に合わなければ、断ることができます。

いずれはどこかの石材店と契約して墓石工事を行うのですから、参考として見積もりまで出してもらってから、その後のことを検討すればよいと思います。

インターネットやメディアで目にする機会が多い石材店なら、安心して相談できると思いますので、石材店選びの一環としてこのようなサービスを利用するのもよいでしょう。
ただし、霊園資料請求のポータルサイトなどでの申し込みの場合は、サイト管理会社により、登録された石材店に、自動的に割り振られてしまい、ご自身で選べない場合もありますのでご注意ください。

以下はおすすめの「サポートサービス」です。都立霊園の申し込み代行から、抽選に漏れた際の相談も含め、お墓が完成するまですべて対応してくれます。


緑町霊園|お墓参りレポート

八王子市営緑町霊園

市営緑町霊園に行ってきました。

八王子市営 緑町霊園には知人のお墓があり、良くお参りに来ます。
京王高尾線 山田駅で下車して、駅前の坂を下って、もう一山登った丘のてっぺんに、霊園正門があります。距離にして900m弱ですが、アップダウンが激しいので年配の方や小さな子供には以外と遠く感じるのではないでしょうか。

私は地元の人が利用する裏道から行きます。
駅前の坂を下りきった川(山田川)の手前、「月見橋」の信号を右に入って、しばらく進み最初の路地を左に曲がり、川を渡ったらすぐ右へ。そのまま川沿いに歩いて行くと、緑町霊園の最下層墓域に入ります。

緑町霊園下層入り口

山田川沿いに歩くと墓域が見えてくる

管理事務所や合葬墓がある正門までの距離は、表通りを通るのとあまり変わりませんし、霊園の敷地に入ったら、階段を上るか、大回りしてスロープで上がる必要がありますが、こちらのルートの方が静かで雰囲気が良いので楽しく歩けます。

緑町霊園には駐車場もありますが、正門そばの駐車場は台数が少ない上にスペースが狭い。もう一か所、墓域下層部の「萬福寺」の前に、市営霊園用として数台分のスペースもありますが、こちらは狭い裏道からしか入れません。
お彼岸などの墓参シーズンには、近くのファミレスのあたりに臨時駐車場が用意されるようですが、車が集中して身動き取れなくなるのがいやなので、私は平日以外は公共交通機関を利用しています。

緑町霊園墓域風景

綺麗に整備された園内

緑町霊園は八王子市のお花見スポットとしても有名な富士森公園の反対側にあたる、山の南斜面にあり、周囲の道路から少し入ったところで、外からはあまり見えません。
丘の頂上にあたる消防署(冨士森出張所)の裏手にある霊園正門から、山田川が流れる谷までの斜面一帯にお墓が広がっており、表通りの喧噪もとどかず静かで穏やかな空間です。

高台にある施設のキャッチフレーズでよく聞く「市街地を一望」などというような、開けた眺望ではないのですが、富士山が見える高層部からの眺めは、言葉で表現できない独特の赴きがあります。

公営の墓地には「古い」「暗い」というイメージをもっていましたが、緑町霊園は管理が行き届き清潔感があり、なにより表通りからは想像もできない、おだやかで温かい独特の雰囲気が魅力の市営霊園です。


緑町にお墓を建てるには、市が実施する使用者公募(抽選)に応募して、まずは使用権を獲得なければなりません。詳しくはコチラをご覧ください→緑町霊園の募集情報

緑町霊園正門

○○処理施設を思わせる正門は正直印象が悪い。

合葬式納骨堂

正門横の合葬式納骨施設。中には入れない。

墓域からは富士山も見える。

墓域からは富士山も見える。

園内中央の赤松

園内中央にある赤松

緑町霊園墓域

上から見た下層墓域

墓域最下部

山田川沿いの最下層墓域

谷側からみ上げた赤松

谷側から見上げた赤松

萬福寺の裏から

敷地内にある萬福寺の裏からみた富士山

墓域風景

絵になる風景が多い霊園です


スポンサーリンク
レクタングル大
レクタングル大